上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
置いておくだけで絵になります。

”武井順一さん”の匙です。初めての紹介です。本当はもっとじっくりと紹介したかったのですが、武井さんの作品は1点モノが多く、早々に頂いてしまうのは申し訳ない・・・沢山の人に見てもらいたい・・・。と企画展の最終日まで待っていたのです。
案の定、企画展から5日ほどで、ほとんど売れてしまい、再入荷したほど。色んなデザイン・サイズがあって目移り。知らず知らずにコレクションになってしまいそう・・・。武井さんの匙と素敵な笑顔は、甘庵さんのページで見ることが出来ます。YOMEもお会いしてみたいな。
和菓子のような美しさ。

柄の部分のUPです。和菓子の様な美しさに溜息。細かな、丁寧な作業・・・木が役割を変え、また自然に返って存在しているかのような。

この武井さんのスプーンを大変お気に入りのおばあちゃんがいらして、”外食するときにも持っていきたい”と話していた。と甘庵さんから聞きました。木の優しい舌触りに慣れてしまうと、ステンレスに違和感を感じてしまう・・・わかりますね♪。
スプーンを変えるだけで味わいって変わって来ると思うのです。その上、こんな素敵なデザインだったら、ちょっと自慢して持ち歩きたいとも思ってしまいます。
優しいとろみを匙といっしょに味わってください。
ハワイのアジアンレストランで食べるようなイメージのスープです。ウキウキと気持ちが良くて、かつ心も落ち着く場所。
YOMEの、このスプーンのイメージです。

***塩昆布と鶏のかき玉スープ
***Recipe(2人分)
水・・・500cc
酒・・・大さじ1
塩昆布・・・大さじ2
鶏ガラスープの素・・・小さじ2

卵・・・1個
鶏ササミ・・・1本
貝割れ大根・・・1/4束
生姜の絞り汁・・・小さじ1
水溶き片栗粉・・・大さじ1

1)水・酒・ササミを鍋に入れ、沸騰したらアクを引いて、弱火に落として鶏に火を入れる。鍋の中でざっとほぐす。
2)塩昆布とガラスープを加え、塩コショウで味を整える。水溶き片栗粉で好みの加減にとろみをつけたら、溶きたまごを流しす。食べる直前に生姜の絞り汁を落とす。

お好みで、中華麺や素麺を加えても美味しいです。


武井さんの個展が9/29?開催されます。その際には、もっともっと武井さんの世界に浸って頂きたいと思います。
スポンサーサイト
<<ガラスに這うツタ。 | ホーム | 冷たすぎないカキ氷。>>

コメント

 ̄O ̄)ノオハ
この柄の部分、すっごくいいねえ~。手彫りの温かさを実感できるってステキ。1点ものと聞くとますます見たくなる~O(≧▽≦)O♪こうやっていろんな匙を見ていると、ステンのスプーンがちょっと冷たく感じてしまいそう(^^;子供のおもちゃと同じようにこういう手、肌に実際に触れるものは温かみのある「木」がいいんだろうね~(^^)やっぱり日本人?!(笑)
Posted at 2006/08/17(木) 05:57:45 | URL | まあしい #-[ 編集]
嬉しい言葉
外出先でも使いたい、
その言葉って、最高に嬉しい言葉ですね♪
ひとつひとつ、心をこめて作ってらっしゃって、それが手に取る方にも伝わるのでしょうね。
Posted at 2006/08/17(木) 12:32:04 | URL | さーや #-[ 編集]
お返事です。
まあしいちゃん
来てくれてありがとう♪
実際に手に触れるし、口に触れるんだもんね。もって丁寧に選んでもいいのかなあとYOMEも思ったよ。
お箸は自分専用のものを求めたりするんだもんね。日本人のそういうトコ、すごく素敵だよね。こういう文化は日本だけと甘庵さんかた教えてもらって、誇らしくなった記憶があるよ^^

さーやちゃん
来てくれてありがとう~♪
本当そうだね~。YOMEは”使う側”の気持ちに重ねることしか出来なかったけど、さーやちゃんは、作り手の気持ちまで、すくうんだね。優しいなあ。
人の気持ちを汲み取るスプーン・・さーやちゃんのお匙も、温かくて素敵なんだね^^
Posted at 2006/08/18(金) 04:40:04 | URL | お返事です・(YOME→まあしいちゃん・さーやちゃん) #-[ 編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ginkayome.blog66.fc2.com/tb.php/68-51af39ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。