上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どの子も皆素敵です♪

金曜日に銀花さんへお邪魔したときに、加藤 財さんにお会いすることが出来ました。
沢山のファン女性が急須へ、加藤さんへ声をかける中、静かに丁寧に答えていらっしゃいました。時折、すっと消えてしまわれたり・・甘庵さん曰く、恥ずかしがり屋さんなのだそうで・・・♪
主張しすぎない、でもとても真面目で誰からも愛されてしまう急須のスタイルに加藤さんの人柄が見えます^^

1ファンのYOMEも、ドキドキする気持ちを抑えて、じーーっと時を待ち、お客様の波が少し落ち着いた頃にアタック♪

お話できた、幸せなYOMEの会話のおすそ分けをここで。

変わらない、変えたくない美しさ。

企画展をはじめて体験して思ったのだけれど、加藤さんのデザインは5年前にNYで眺めていた、8ヶ月前にお嫁入りさせてもらった、急須とほぼ変わらないスタイル。
”ずっとこのデザインなのですか”と伺ったら、”この人(甘庵さん)が変えるなと言うんです”というお答え。笑う会うお二人に、作り手と橋渡りする、器やさんの優しくて、温かくて、そして理想的な関係を見ました。
こういう関係があるから、YOMEは銀花さんに通ってしまうんだなあとつくづく思います。

ちなみに先日お誕生日を迎えたYOME,年を経てこんな風に人と、友人と、お仕事と関わって行ける二人にお会いして、年を重ねることってなんて素敵なことなんだろうと改めて思いました。

そして、YOME恒例(?)の質問。”器を作っていて、一番楽しい時はいつですか”という質問には、”作業自体というのでは無く、器を作る自分が居て、必要としてくれるお客様が居て、こういう場所に身をおける事に感謝しています”とのことでした。
ピンポイントな質問をしたら、とっても広い風景の答えが返ってきて不思議と清清しく感じてしまいました。
わーーーい!♪

加藤さん、YOMEはですね?、加藤さんに、加藤さんの急須に、甘庵さんにお会いできたことにとっても感謝しています。

そして、ずっと憧れていた急須をた??くさん眺められたこの日に、身を
置けたことに、とても感謝です。

皆さんにこの幸せを・・・と思いつつも今回も沢山お嫁入りしてもらっちゃいました☆

お誕生日だもんね♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。