上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんのりピンク。わかるかなあ?

とても優しいピンク色に、クレヨンの線が入っています。この優しい色、ピンクと言うより、桃色と言うべきかな?真っ白ではないところが小さくても、可愛らしく存在感があります。こんな女性好みの色を作ってしまうなんて、村木さん、若い頃モテたでしょ?^^。今も素敵です。

お茶会のサイコウのレシピは???
12.3センチ四方の四角いお皿。柄も形も、和洋に合う働き者です。
だから、和菓子も洋菓子も?っていう欲張りお茶会にピッタり。器が何でも受け止めてくれるから、食べたいもの、作って食べて、またおしゃべり出来ちゃいます。
優しい色も白いクロスに映えるなあ♪

***欲張りお茶会
***Recipe???

サイコウのお菓子は、楽しいおしゃべり?☆お友達の笑顔にお茶も進んじゃう♪
市販のシュークリームと残り物の煮豆を乗せただけだけど、優しい色と凛とした形がアクセント。
洋菓子代表・シュークリームも、日本家庭のおやつ、花茶豆の甘煮も違和感なく一緒に居てくれます
スポンサーサイト
力強い。でも優しいのです。

昨日引き続き、お茶碗です。これは私が夫婦茶碗に・・・と昨日のものとあわせて、頂いたものです。
力強いお魚の柄にヒトメボレしてしまい、じっと眺めていたら、”このお茶碗は人気なんですよ”と甘庵さん。早めにプロポーズして良かった??。今日、まだ銀花さんへ足を運んだら、もう皆お嫁に行ってしまっていました。

見れば見るほど好きになっちゃう??。

お魚はUPにするとこんな感じ。のびのび泳いでいる姿に和みます。小さなお魚なのだけど、雄大な表情も感じるのはこの絵の線なのかなあ。伸びをして思い切り動きたくなります。

旬が来ますね☆旬のものを一緒に食べれるのって嬉しい。
炊き込みご飯ってご飯が主役。とびきりのお気に入りで食べたいです。

***栗ご飯
***Recipe

むき栗 … 1パック
うるち米 … 1.5カップ
もち米 … 1カップ
昆布 … 10cm角1枚
酒 … 大さじ3
塩 ふたつまみ

1)栗は皮付の場合は鍋に栗とかぶる位の水を入れて強火にかけ、煮立ったら中火にして15分位ゆでて水に放つ。粗熱が取れたら表面の固い皮と渋皮をむく。
むき栗の場合は塩水でサッと洗って水気を拭く。

2)お米(うるち米)ともち米を合わせ、洗い30分吸水させる。
3)炊飯器に洗った米、酒、塩を入れ、目盛り通りに水加減をしてひと混ぜし、栗をのせる。昆布を入れてスイッチを入れる。
4)炊き上がったら軽く混ぜて出来上がり。

夫婦茶碗とは言えないかな???でも並ぶとヤッパリお似合いなのです。

柄も違いすぎて、夫婦茶碗とは言えないかなあ。でも並ぶとやっぱりお似合いだと思ってしまいます。ひとつでもいいけど、二つ揃うと更に幸せ。
自分で組み合わせを選ぶのも楽しいかなあ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。