上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の夏の色。

鶴見宗次さんの器です。”夏の器”はガラスのみとは限りません。この黒に近い器も夏の器だな?と思っているのです。

というのは、初めて鶴見さんのお皿を手にしたときに、甘庵さんが、”ぬらすと表情が変わりますよ。石に水を打ったようなすがすがしさがあります”と教えてくれました。

きもちいい!!

水にさらしてみました。セミ時雨の中で静かに座っている石のような表情、清流の中で、気持ちよく呼吸しているかのような表情・・・写真でどれだけ伝わるかな?

初めて見た時は、とても力強い印象だったのですが、手に取ると更に迫力がありながら、表情が優しく、何を持っても引き立ててくれるのです。お皿が主張しない・・・。何度と無く使っていますが、使うたびに、”やっぱりこれだな?”と今日も棚から出してしまいます。

エスニックにも会うのです♪
エスニックなデザートや料理もおおらかに受け入れて、花を引出してくれます。
ゼラチンを使わない混ぜるだけのケーキ。ラフなイメージも器に合わせてみました。

***パイナップルと黒糖の簡単レアチーズケーキ☆
***Recipe

クリームチーズ・・・100g
生クリーム・・・200cc
砂糖・・・50g
レモン汁・・・大さじ1

パイン缶・・・適量(細かく刻んで混ぜ込んでもOK)
黒糖・・・大さじ1

室温に戻したクリームチーズ(レンジに500wで30秒ほどかけるか、ちぎってボウルに貼り付け、ラップの上からモミモミします。)に砂糖を加え、すりたてる。

生クリームをゆるめに(7分立て・・面倒だったら省いてもOK)立ててクリームチーズに加える。

器にいれ、ソコを優しくトントン叩いて平らにする。冷蔵庫に入れるとチーズなので固まります。

パインと黒糖をちらして出来上がり。(あればココナツリキュールやコーヒーリキュールを加えても美味しいと思います)


ラフに作るレアチーズも器で更に迫力と繊細さを出してくれそうで・・・おまじないの様にこの器を使ってしまいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。