上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大口開けて行っちゃう???

伊藤玲さんの匙です。本当に沢山の形があるから、全部お見せできないのが残念?。その中で、くぼみが少ない匙をひとつ選びました。さっくりすくって、唇を使わなくてもすっと口から離れていくようなカーブ。すこし大き目のサイズはガッツリチャーハンに(レンゲよりも食べやすそうです♪)、優しい形は冷奴をすくったり・・・個人用に、食卓用に色々と使えそうです。

ざっくりすくって、口入れたら、そのまま氷が溶ける感覚と、木の相性を楽しんでください。
木の匙の嬉しいところのひとつは、冷たくなりすぎないところ。カキ氷を食べれば、一目(一口?)瞭然。大き目の匙ですくって、大口あけてほうばっても、優しい木の感触がゆっくり冷たさを運んでくれます。
***黒糖ときな粉のカキ氷
***Recipe

黒糖・・・お好みで
きなこ・・・お好みで

カキ氷にかけるだけ?♪黒糖大さじ3に水小さじ1をあわせて火に書け、沸騰させて冷ました、黒糖のカラメルを作ってかけても美味しいです。(写真はカラメルを使用しました)



舌の上です??っと解けていく氷の感触、楽しめます。ざっくりすくえるサイズがカキ氷に嬉しいの♪なかなか見ないです。大きなスプーンにカキ氷。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。