上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長さは7センチくらいかな。

なんとも可愛らしい、カーブと小ささのバランスが眺めてて楽しいスプーンです。”伊藤 玲”さんのスプーンのひとつ。
伊藤さんは、室蘭市でアイヌ彫りを勉強するうちに楽しみを見出したとか。アイヌの優しくて、素朴な雰囲気、伝わります。
ちなみにこのスプーンは”プッチンプリン”からヒントを得たそうです^^。そういえば、ああいうサイズのスプーンってナカナカ無いですね。

和の香のプリンです。***黒糖のプリン・きな粉と一緒
Recipe***


直径7?のプリンカップ7個分

牛乳・・・500cc
卵・・・4個
卵黄・・・1個
黒糖・・・大さじ3
カラメル・・・
(黒糖・大さじ6と水・大さじ1をあわせて火に書け、沸騰して、トロリとしたら、カップに分け入れる)

1)牛乳と黒糖をあわせて軽く温め、黒糖を溶かす。
2)卵・卵黄をあわせて、1に加える。
3)2を一度しっかり濾して、カラメルの入った器にワケ入れ、160度に温めたオーブンで湯銭焼き(天板一杯に湯をはってプリンカップを並べます。)にする。
160度で20分・140度に落として更に20分焼く。
5)冷まして、器に盛り、きな粉をお好みでかける。


スプーンが短い分、プリンとも近い距離な気がします。アイスクリームやプリン、短いスプーンの方が美味しく感じる気がしてきました。
お揃いで幸せ♪

ちなみにプリンを盛ったのは、大好きな”藤田敬三”さんの器。朱色を思わせるような、優しい茶色がリンクして兄弟みたい。並べて嬉しくなってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。