上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0517a

取っ手のついた、柔らかい色の器です。ドレッシングとかを入れるのかな?
この色、なんて言えばいいんだろう?黄色と白の間の色。ガラスと言えば夏のイメージだけど、春の優しい色みたい。
間に入った赤いポチポチがとぼけた顔のようで、涼むけど和む。

今日はこれに、煮豆を盛ってみました。白花豆を茹でて、シロップに浸して、キンキンに冷やします。夏の贅沢なおやつ。煮豆の優しいイメージ・でも涼しい美味しさ。この器でおやつの説明も出来ちゃうみたい♪

0517bRechipe***
最初から甘く煮ないで、茹でてからシロップに漬けます。
爽やかな夏向きの甘さです。
シロップの香り付けはお好みで。

白花豆 500g(何gでも)
たっぷりの水

お豆は一晩水につけて、皮のしわがすっかり伸びたら
たっぷりのお水で柔らかくなるまで茹でる。

水:砂糖=1:1で鍋に用意して沸騰させて冷ます。
(コレがシロップになります。)

茹でたお豆をシロップに浸す。

お好みで、ハーブ(ミントやレモンバーム等)、
スパイス(シナモン、ナツメグ等)
リキュール(コアントロー・ラム酒等)
を加えても美味しいです。
ここでは、ホンノ少しのシナモンとラム酒を入れました。


お豆がガラス越しの優しい光でスヤスヤ眠ってるみたい???

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。