上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巳亦敬一


5月12日から、荻窪"銀花”さんで”巳亦敬一 彩りガラス展”が始まりました。独特の色合いと光を柔らかく包み込む佇まいを”彩りガラス”と呼んでいます。和を感じさせる姿。柔らかく滑らかな肌は、障子を思わせる光の通り方をします。 このガラスたちへのラブレターは企画展開催中に、書き続けていくことにして、今日はそんな、巳亦敬一さんのガラスから、こんなかわいい”ぐい飲み”を


0514a


3つ足が付いて、歩き出しそうでしょ???こんな風に3つ並べると、またそれぞれの表情がかわいいのです。 今日はこれに、小豆の葛流しを固めてみました。  ガラスから透けた、葛流しも洋服みたいになりました。水羊羹のような見た目ですが、葛でこしあんをまとめたお菓子です。ねっちりした、柔らかい口当たりは、スキっと切れる水羊羹とはまた違う、春と夏の間のお菓子なのです。 


0514cRecipe**(ぐい飲み5個分)



  • こしあん60g

  • 砂糖20g

  • くず粉15g

  • 水120cc

  •  

  • 1)こしあんに砂糖をあわせる。

  •  

  • 2)鍋にくず粉を入れて、水を2回に分けて加え泡だて器でよく混ぜる。

  •  

  • 3)だまが無くなったら1を2回に分けて加え中火にかける。

  •  

  • 4)木ベラなどで混ぜながら火を入れ(初めはダマダマしますが、練り続けていけば滑らかになります)、ねっちり、全体が固まったら、さっと塗らした、”ぐい飲み”にいれて、室温で冷ます。(温かいうちに食べても美味しいです。

  •  


 




0514d


歩き出しそうな、”あんよ”を眺めながらゆっくり食べました?♪



***冷蔵庫に入れてしまうと食感が硬くなるので注意?。冷たく食べたいときは氷を載せて。


0514b



明日は、このコの色違いブラザースでお迎えします♪ 素敵な月曜日を!

スポンサーサイト

テーマ:かわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。