上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お魚くん急須♪

野波さんとお会いすることが出来て、ますます、器の魅力を堪能できました。
優しい白・・・なるほどなあ。のびやかな形・・・ふむふむ!と思ってしまう人柄。ちょっとミーハーな質問もしてみました。
今日は、野波さんの可愛い急須と一緒に、野波さんの事を少し紹介したいと思います。


小鳥さんと雲の急須♪


野波 実

1970年 生まれ
大学時代 やきものに出会い、自分で掘った土を薪の窯で焼くことで器が出来ることの不思議さから、さまざまなやきのもに興味を持つようになる。
卒業後、沖縄や信楽に住み作陶。
1999年に神奈川に拠点を移し制作。
その後、日本やさまざまな国の陶芸作家との制作や窯焚き等の交流、情報交換を重ねる。
現在は磁器を中心に制作。
主に蹴轆轤(けろくろ)を使い、土がまだ柔らかかったときの雰囲気が残っているやきもの作りを心掛けている。


野波さん、アチコチで生活されてたんですね。沖縄・・・とても雰囲気にぴったりです。優しい鳥の表情は、空をのんびりと楽しむ野波さんも重なるなあ。

お花の急須♪

ミーハーな質問もしてみました。
好きな食べ物はなんですか?”お赤飯です”

お酒は飲みますか?”生活にアルコールは無いです。すぐ赤くなります。”(このときもビールと一緒に質問したのですが、確かにちょっと赤かったです^^)

器以外に夢中になったものは?”中学生の頃の器械体操。オリンピックに憧れていました。 最近は、甘庵さんにもらった自転車で工房と自宅を行き来するのが楽しいですね”

器を作っていて一番楽しいときは?”釜入れですね?。自分の作品でなくてもいいんです。アドレナリンが出ます。あ、自転車に乗っててもアドレナリン・・出ますねえ”

これからの夢は?”長生きしたいですね。なんにもやってないから、長生きくらいしないと・・・(笑)”

・・・甘庵さんが、”生き急いでないでしょ??”と笑っていました。
本当だ?(笑)波間に漂う人の急須♪


初めて年齢をお聞きしたときに、ちょっとびっくりしたのです。YOMEより年上だったので・・・。
お話しすると、丁寧に言葉を選んでいて、なるほど大人だなあと感じたのですが、第一印象は、まさに”夏の少年”(笑)純粋な真面目さに、おばちゃん魂の働いたYOMEは”いい青年だね?”なんて思っていました。野波さん、”こんなで、すみません”って言っていました。いいえ。”こんな風で”魅力的です。

自転車で感じる風を楽しめる、素敵な大人です。
この人、動くんです?♪

そうでないと、こんな楽しい作品は生まれてこないのかも知れないですね。(左の急須は波間に漂う人です。人も動きます。なんとものんびりした急須。眺めていたらお茶を淹れることも忘れてしまいそう。

野波さん、パソコンをいじることも少なくて、携帯は”一応持ってる”そうです。以前、携帯に届いた伝言を何ヶ月も気づかなくて、季節が変わった頃に、初めて聞いたそうですよ。

メールは”緊急な用事はメールにしないで下さいね”との事です。(笑)お話してると、時間の流れ方も違って来ます。
照れ屋さんな野波さんをホンノ少し・・・。
生き急がない人。


野波実 白い器展は6日(火)に終了いたしました。
”白”にもこんなに動きがあるんだなあと感じる器達。沢山お嫁にいきました。嫁入り先で、やさしい時間を提供していると思います。
とても素敵な人でした。




楽しいゆるやかな時間と器をありがとうございました。
スポンサーサイト
0606a野波さんの、優しい・可愛い人柄が伺えるお魚シリーズです♪
お家でもお魚をお一人飼ってるそうですよ。”魚って和みますよね”と語る野波さん。なんとも癒されちゃう、このお魚の顔。納得。お魚もの波さんというご主人にに癒されているんでしょうね。

”とっても魚くん”という名前がついています。そう!取っ手も・とっても!魚君なのです。
持ち手としては、優しく持ってあげないと・・・お魚ですから。
くいっと飲んでしまうカップに使うのではなく、ユルユルと時間を過ごすのに良いお供・友♪です。



0606b

ゆっくり、お茶の時間を楽しむ工夫茶。とってもお魚くん、きっとお花を添えてくれると思います。
色とりどりのドライのお菓子も、白い器ならでは。ゆるく、可愛く映えるなあ。

ソースを入れたり。  前菜のちょこっとスープ。

お魚君、とても働きものです。
ソースを添えたり、前菜にちょこっとスープを盛ったり。

エスプレッソもオススメ。    お口にお花も添えられます♪

エスプレッソをゆっくり、飲むのもいいし、お絞りと一緒にお口にお花も添えられます。

なんといってもこの表情がご馳走です。自分へもお友達へもおもてなしのひとつになります。

どうぞよろしく♪
とっても魚くんはこんなお顔です。どうぞよろしく?♪
お花湯のみ♪

この器は、今回の企画展より前に、YOMEが気に入ってお嫁に頂いたものです。お茶を入れるとお花の形になるのです。
花びらの丸い感じがお茶の色と器の白さに縁取られて浮かび上がります。飲むたび、小さくなっていくお花を眺めながら、お茶を楽しめます。
お花蕎麦ボーロ。<<蕎麦ぼーろ>>
Recipe***30個分

卵・・・1個
砂糖・・70g
そば粉・40g
薄力粉・60g
重曹・・小さじ1/2
水・・・小さじ1/2

1)(170度にオーブンの予熱を上げる)
卵と砂糖をあわせて混ぜ、そば粉と薄力粉を振るいながら加える。お水で溶いた重曹を加え、ゴムベラで滑らかになるまで混ぜる。
2)絞り袋にいれて、直径1?の○を花形に少し離してつなげる。170度に予熱を上げたオーブンで15分焼く。

蕎麦茶と一緒に楽しみました。


季節に咲く花も、お茶咲く花もあります♪。おしゃべりにも花が咲きます。そして一人で楽しむお茶も、楽しい。かわいい。

これなら、お酒にお花も咲いちゃうなあとか、ノンベエYOMEは思うのです。

***5月25日まで、お返事を書かせていただきました。大変遅くなりすみません。続きは本日また書かせてください。・・・YOME
CIMG5858.jpg

昨日の記事で、”野波さんの白は、白だけど冷たくないな?”と書いたのだけど、その続き。
鉢のような器を見ると、触ると、抱えるとよく判る。そして、もう一度眺めてしまう。元気なイメージの白もお料理によってはしっとり。

こんな田舎風な煮物も、しっとり似合う、優しい柔らかい白なのです・・・。


0603b<<筑前煮>>
Recipe***

とりモモ肉1枚 人参1/2本 牛蒡1/2本 蓮根1節(小) 干し椎茸4枚 こんにゃく1枚
煮汁(だし汁180cc 醤油大さじ2 みりん大さじ2 砂糖大さじ2)

1)モモ肉は一口大に切り、人参、牛蒡は皮を剥いて乱切り、蓮根は1cm厚さの輪切り、干し椎茸は戻して4等分、こんにゃくは1cm厚さに切り、手綱にする。

2)ごま油(分量外)でお肉から順に炒めて、煮汁を加え、沸騰したら、弱火に落として20分煮る。 


両手に持って、ふんわり温かい、そして気持ちのいい白。
”おふくろの味”も似合ってしまうのです♪
0601a
どうにでも使える白い器。どんなお料理もきちんと受け止めて綺麗に見せてくれる。そして、野波さんの白の最大の(と勝手に思っている)魅力は、柔らかい白だということ。じゃじゃっと炒めたお野菜をテキトウな白いお皿に盛っただけにはならない。器のなんともいえないカーブが、上手に丁寧に、アラクレ料理???でも受け止めてくれます。0601b <ゴーヤーチャンプルー>
***Recipe
ゴーヤ・・・1本
もやし・・・100g
木綿豆腐・・・1丁
豚肉・・・100g(ランチョンミートがあればBETTER)
卵・・・2個
ラード・・・大さじ1(サラダ油でもOK)
鶏がらスープの素・ふたつまみ
しょうゆ・・・小さじ2
粉鰹・・・大さじ1
1)豆腐は水切りする。ゴーヤは縦半分に切り、綿を出して、太めの小口切り。
2)フライパンを熱してラードを温め、鶏がらスープの素を溶いた、卵を加え、大きなスクランブルエッグを作る。
3)卵は一度取り出して、肉、ゴーヤ、豆腐、もやしの順に炒め、卵を戻しいれて、醤油で味を整え、粉鰹を振る。

なんてこと無い炒め物も、元気にモリモリ食べたくなる。なんてことなく食器を選ぶのではなく、ちょこっと曲がったカーブを楽しみながら、ちょっと山高に盛って見る。気をつけなくても、器が勝手に手を動かしてくれます。そして思わず、手を合わせて、きちんと”いただきま?す”って言いたくなるでしょ?この白なら♪

・・・コメントのお返事滞っていてすみません。週末、皆さんの所へうかがいながら、こちらへも書かせて頂きます。・・・YOMEより
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。