上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちよく伸びた5線譜。

前回の”欲張りお茶会”では淡いピンク色だったけれど、こちらのお皿はすっと長く伸びた線が気持ちのいい、優しい水色です。キャンバス地のような肌触りがあって、四角い形なのだけど、カッチリしすぎていなくて、なんとも心地いい見た目なのです。

ラフに伸び伸び盛ってみました。
和菓子ってちょこんと小さなお皿に盛りたくなるけど、大きなお皿でも、こちらなら、柔らかく受け止めてくれそうで、白玉団子をおしゃべりしてるみたいに、ポチポチ、ノビノビ、並べてみました♪

***おつまみ白玉団子
***Recipe


白玉粉・・・50g
水・・・50cc

あんこ・・・適量
練りごま・・・大さじ3
はちみつ・・・大さじ3

白玉粉に少しづつお水を加え捏ねて、耳たぶの硬さにする。
親指大に丸めて、中央をへこませ、熱湯でゆでる。
浮き上がってきたら、冷水にとって冷ます。

白玉団子の水気をふいて、あんこをつける(あんこを載せて、ラップで包んで、あんこを伸ばすようにすると楽です。

練りごまとハチミツは合わせてよく混ぜ、白玉の上に載せる。


クレヨンの線の上に並べたら、音符みたい?♪
優しい音が聞こえそうです^^
スポンサーサイト
美人で格好いいのです。

すっごく美人な急須です。嫌味でない清潔なプロポーション。見ててホレボレしちゃいます。見てて飽きない美人・・・なかなか居ないですよね♪
あまりに美人だと性格が疑われてしまうけれど、甘庵さん太鼓判の中身の美しさはこちら。

こういうところをしみじみ眺めたことはありませんでした。

この穴のお話は”うつわ屋のつぶやき”でお話されていますので、ごらんになってくださいね。
茶漉しの部分にあらわれる、美しさは、作り手の思い、人柄を表すのですね。美人は心が???なんて言葉もあるけど、正に心も美しい美人さんです。

こちらの急須、その上、気も利きます。形は日本の急須ですが中国茶にも紅茶に使用しても違和感がないの。律儀なほどに柔軟性があります。いつも丁寧に人に物に、そして作品に向かう、村木さんの分身・・納得です。
優しく甘いお茶です。
お湯のみ以外にも、中国茶の杯、ティーカップ、皆と仲良しです。
***桃の紅茶
***Recipe


薄めに入れたダージリンティー・・・適量
桃の缶詰(2?角に刻む)・・・適量
ミントの葉・・・お好みで

お砂糖は入れずに、桃の甘さで楽しみます。缶詰の桃もお茶の香りをまとって、優しいデザートになります。
紅茶はなんでもOKです。カモミールなどのハーブとも相性ばっちりです。



優しい甘さ・・・急須のフォルムの印象そのままで、うれしくなっちゃいます。
ほんのりピンク。わかるかなあ?

とても優しいピンク色に、クレヨンの線が入っています。この優しい色、ピンクと言うより、桃色と言うべきかな?真っ白ではないところが小さくても、可愛らしく存在感があります。こんな女性好みの色を作ってしまうなんて、村木さん、若い頃モテたでしょ?^^。今も素敵です。

お茶会のサイコウのレシピは???
12.3センチ四方の四角いお皿。柄も形も、和洋に合う働き者です。
だから、和菓子も洋菓子も?っていう欲張りお茶会にピッタり。器が何でも受け止めてくれるから、食べたいもの、作って食べて、またおしゃべり出来ちゃいます。
優しい色も白いクロスに映えるなあ♪

***欲張りお茶会
***Recipe???

サイコウのお菓子は、楽しいおしゃべり?☆お友達の笑顔にお茶も進んじゃう♪
市販のシュークリームと残り物の煮豆を乗せただけだけど、優しい色と凛とした形がアクセント。
洋菓子代表・シュークリームも、日本家庭のおやつ、花茶豆の甘煮も違和感なく一緒に居てくれます
表情って本当にあるんだなあ。

甘庵さんのページで、村木さんの一番好きな器は・・・飯椀というお話がありました。
YOMEも個展の初日に伺って、まずはじめに”この子をお嫁に?”とプロポーズさせてもらったのはお茶碗でした。派手な印象はないお茶碗達なのだけど、優しいゆったりとした表情があるのです。村木さんのお茶碗への思いを知り、更に嬉しくなっています。
お店では、眺めれば眺めるほど愛おしくなってきてしまい、かなりな時間、並べて眺めて”夫婦茶碗”を自分なりに見つけて帰ってきました。


日々の食卓も愛おしくなります。
毎日使う、自分専用の器。お茶碗を変えるだけで、いつもの見慣れた食卓も新鮮に映ります。去年より秋刀魚も美味しく感じちゃいそう!
素敵なお茶碗、ようこそ我が家へ♪

***秋刀魚定食
***Recipe???

美味しく秋刀魚を焼きます^^。塩をふって10分ほど置いて、しっかり汗を拭いたら、尻尾、ヒレにシッカリ目に塩を振り、身は離れたところからパラパラと振りかける。
大根おろしは食べる直前におろします。香が断然おいしいです。お好みでスダチを絞ってどうぞ?
両手で大事に持ちたくなります☆

クレヨンの線が高く並ぶと、また違った表情です。ゆっくり広がった形は、すらりと背が高くて、置いておくだけで清潔な雰囲気を作り出してくれるような気がします。
お花や木の実を飾ってもキモチイイだろうな。
この”クレヨン”の話は甘庵さんのページで美味しそうにされていました。どうぞ、覗いてみてくださいね。

お茶漬けだって上品になる???この美しい佇まいにお茶漬けって怒られるかなあ???でも夏のお野菜をお醤油でキュッキュともんで、美味しいお水で頂く冷茶漬け、縁側で背筋を伸ばして食べたくなります。器のすっと伸びた形が気持ちよくて、暑さも飛んで、姿勢正しくご飯にありがとう!と言える気がするのです。

***ナスとシシトウの冷茶漬け
***Recipe(2人分)

茄子・・・1本
シシトウ・・・5本
ご飯・・大盛り2人分
醤油・・・大さじ2
みりん・・・小さじ1/2
ごま・・・大さじ1

茄子は5ミリ角の角切り、シシトウは小口に切る。醤油・みりん・ごまを加え軽くキュッキュと手で揉む。

ご飯の上に乗せて、美味しい冷たいお水をかけて出来上がり。お好みで糸唐辛子、七味唐辛子、ワサビ、柚子胡椒などを添えてどうぞ?。
器も冷やしておくと、更に幸せUPです。この器、夏にも秋にも合います。今の時期に出会えてよかったな?♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。