上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
置いておくだけで絵になります。

”武井順一さん”の匙です。初めての紹介です。本当はもっとじっくりと紹介したかったのですが、武井さんの作品は1点モノが多く、早々に頂いてしまうのは申し訳ない・・・沢山の人に見てもらいたい・・・。と企画展の最終日まで待っていたのです。
案の定、企画展から5日ほどで、ほとんど売れてしまい、再入荷したほど。色んなデザイン・サイズがあって目移り。知らず知らずにコレクションになってしまいそう・・・。武井さんの匙と素敵な笑顔は、甘庵さんのページで見ることが出来ます。YOMEもお会いしてみたいな。
和菓子のような美しさ。

柄の部分のUPです。和菓子の様な美しさに溜息。細かな、丁寧な作業・・・木が役割を変え、また自然に返って存在しているかのような。

この武井さんのスプーンを大変お気に入りのおばあちゃんがいらして、”外食するときにも持っていきたい”と話していた。と甘庵さんから聞きました。木の優しい舌触りに慣れてしまうと、ステンレスに違和感を感じてしまう・・・わかりますね♪。
スプーンを変えるだけで味わいって変わって来ると思うのです。その上、こんな素敵なデザインだったら、ちょっと自慢して持ち歩きたいとも思ってしまいます。
優しいとろみを匙といっしょに味わってください。
ハワイのアジアンレストランで食べるようなイメージのスープです。ウキウキと気持ちが良くて、かつ心も落ち着く場所。
YOMEの、このスプーンのイメージです。

***塩昆布と鶏のかき玉スープ
***Recipe(2人分)
水・・・500cc
酒・・・大さじ1
塩昆布・・・大さじ2
鶏ガラスープの素・・・小さじ2

卵・・・1個
鶏ササミ・・・1本
貝割れ大根・・・1/4束
生姜の絞り汁・・・小さじ1
水溶き片栗粉・・・大さじ1

1)水・酒・ササミを鍋に入れ、沸騰したらアクを引いて、弱火に落として鶏に火を入れる。鍋の中でざっとほぐす。
2)塩昆布とガラスープを加え、塩コショウで味を整える。水溶き片栗粉で好みの加減にとろみをつけたら、溶きたまごを流しす。食べる直前に生姜の絞り汁を落とす。

お好みで、中華麺や素麺を加えても美味しいです。


武井さんの個展が9/29?開催されます。その際には、もっともっと武井さんの世界に浸って頂きたいと思います。
スポンサーサイト
大口開けて行っちゃう???

伊藤玲さんの匙です。本当に沢山の形があるから、全部お見せできないのが残念?。その中で、くぼみが少ない匙をひとつ選びました。さっくりすくって、唇を使わなくてもすっと口から離れていくようなカーブ。すこし大き目のサイズはガッツリチャーハンに(レンゲよりも食べやすそうです♪)、優しい形は冷奴をすくったり・・・個人用に、食卓用に色々と使えそうです。

ざっくりすくって、口入れたら、そのまま氷が溶ける感覚と、木の相性を楽しんでください。
木の匙の嬉しいところのひとつは、冷たくなりすぎないところ。カキ氷を食べれば、一目(一口?)瞭然。大き目の匙ですくって、大口あけてほうばっても、優しい木の感触がゆっくり冷たさを運んでくれます。
***黒糖ときな粉のカキ氷
***Recipe

黒糖・・・お好みで
きなこ・・・お好みで

カキ氷にかけるだけ?♪黒糖大さじ3に水小さじ1をあわせて火に書け、沸騰させて冷ました、黒糖のカラメルを作ってかけても美味しいです。(写真はカラメルを使用しました)



舌の上です??っと解けていく氷の感触、楽しめます。ざっくりすくえるサイズがカキ氷に嬉しいの♪なかなか見ないです。大きなスプーンにカキ氷。
このカーブがポイント☆

もうおなじみ???伊藤玲さんの匙です。プリンのお匙カレーのお匙のちょうど中間のサイズかな。
このカーブは、持ちやすいように考えられたカーブです。このお匙をもってから、自宅のステンレスのスプーンを使うと、手にあたる感触が、乱暴にかんじられてしまいます。
さりげなく、気付かれないように、気を使える・・・こんなお匙のような女性になりたいものです♪
ミキサーで混ぜるだけです。
優しい舌触りのお豆腐のポタージュ。優しい木のお匙に感謝して作りました。トロンと冷たいスープの中で、お匙を気持ちよくさせてあげます^^。
***お豆腐のポタージュ
***Recipe


絹ごし豆腐を、フードプロセッサーにかけるだけです。
フワフワになるまでまわしてください。

お好みで薬味を添えて、お醤油を垂らしてもいいし
塩で味の調整をしても美味しいです。
練りゴマ、味噌、柚子胡椒など。お好みの味付けでどうぞ♪

放置すると器の中で硬くなります。出来立てをどうぞ?


”気を使ってくれる優しいスプーン”に甘えてみてください。
表情は色々♪

長さ7,8センチの可愛い匙です。小さきものって日本人は(オンナノコは?)好きですよね?。到底自分の口・胃袋にはそぐわない大きさだけど、眺めているだけで楽しくなってます。

ウチの小さな娘も気に入った様子で、これで麦茶をすくってました。
表情は色々。少し首をかしげたものや、スマートなスプーンの形。見失ってしまうくらい小さいので、台所では真っ先に洗って片付けてます。


自家製さつま揚げ☆焦げすぎ・・・。やっぱり、薬味にあわせたい、このお匙。こういう道具がひとつあるだけで、上品になるなあ。乱雑な食卓もきれいに収まるような・・・。丁寧に食べてもらえそうです。

***自家製さつま揚げ
***Recipe

タラのすり身(又は白身魚のすり身)…200g
むきエビ…60g
生シイタケ…3枚
白ネギ…1/2本
生姜の千切り・1片分
揚げ油...適量

ムキ海老は片栗粉と塩であらって、荒めに叩く、椎茸と葱はみじんぎり。
全ての材料を良く混ぜ、食べやすい大きさに丸めて、160度の油で色よく揚げる。

お決まりの生姜、そして柚子胡椒、以外にはちみつ・・・を添えてどうぞ?。(ハチミツはお醤油と一緒に使うと美味しいです)


***さつま揚げちょっと焦げすぎました・・・。かわいいお匙に見とれて、気付かれませんように・・・って願って出しました・・・。
眺めていたくなる優しいカーブです。

”伊藤玲”さんの匙です。粉をすくったり、小さなクッキーをお皿に出したり、ざっくりした使い方をするんだろうけど、ラインは”可愛らしい”とう表現がピッタリ。細かい部分まで繊細です。
優しいラインに、持ち手のサイズ。YOME好みの絶妙なバランス!!

氷も美味しく感じるかな?
時々、お店のアイスペールやトングを見て、ちょっとがっかりすることがあります。
お料理も器もとても素敵なのに、お酒と一緒に出てきた氷はあたりきりの入れ物で出てきたりして、そこだけ浮いて見えてしまったり・・・。

あるものでいいのだけど、好きな器とあわせた匙で、トングでつまむ氷より、美味しくお酒が作れそう。

無機質なステンレスもシャープでカッコウイイけれど、木のお匙で、氷も温かくおいしく運べそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。