上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 色っぽい涼しさです♪

長らくお休みしていました・・・。ちょっと身の回りが多忙で・・・すみません・・・
8月ももう終わり。銀花さんはお休み中なので、YOMEの手持ちから涼しい器をひとつ。

藤田佳三さんの器です。彼の個展はまだなのだけど、何度も登場している藤田さんの器・・・。自然と手に取ると藤田さんの器だったりして、YOME、よっぽど好きみたいです。

お花の柄はいつも可憐で目を惹かれるのだけど、この口元、なんとも涼しげじゃない???キリリと薄めな東洋美人の口元を思わせます。
中にはお花。

器の底はこんなにかわいいお花が咲いています。お料理を盛るとき、食べ終わったとき、そして洗いながら・・・ついつい眺めてしまいます。渋い色も淡い色も優しく包むのです。***干し茄子のお漬物と大根とタラコのお漬物
***Recipe


ナス2本は5ミリ厚さに切り、醤油大さじ2、みりん大さじ1、からし小さじ1をよく混ぜた調味料の中に一晩漬け込み(2時間以上)、天日で3,4時間干す。

大根1/4はいちょう切りにして、小さじ1の塩をふり、軽く揉んで柔らかくなったら、タラコ大さじ1を絡める。お好みで貝割れ大根を添える。




優しい絵柄と厚み、形に渋い茄子の色も優しいタラコの色も映えるのです。お漬物なのに料理上手な食卓に見えちゃいます。
スポンサーサイト
CIMG8342.jpg

自分だけの食器を使用するという考え方は日本人特有の文化です。お茶椀やお湯のみには特に思い入れがありますよね。
それを一歩上行く???季節までこだわったお茶碗はいかがでしょう?
夏向けに気持ちよくいただけるお茶碗。冷汁を盛ってみました。CIMG8343.jpg***冷汁 recipe 2人分

鯵の干物・・1匹
だし汁・・・400cc
味噌・・・大さじ1?
すりゴマ・大さじ3
練りゴマ・大さじ1

キュウリ・茗荷・大葉適量

干物は焼いてゴマと合わせ、すり鉢でする。出来たらすり鉢をコンロにかぶせて魚とゴマのペーストの表面を焼き付ける。

だし汁で伸ばして、味噌と練りゴマを溶きいれ、野菜を散らす。



ずずっとすする時の器の厚みが涼しいのも味の内です♪
CIMG8304.jpg

こういうセットでどうにでも使いたくなります。
お花も、飲み物も、茶碗蒸しも、小鉢として・・・。こんなふうに受け皿付なら、ドコへ運んでも大丈夫???
ベランダへ足を投げて、おつまみ入れもいいかも。
CIMG8286.jpg***トマトの和風マリネ Recipe
プチトマト・・・20個くらい
ごま油・・・・大さじ2
めんつゆ(飲める程度に伸ばして200cc
レモン汁・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ1(隠し味です)

トマトは湯剥きして、ごま油・めんつゆ・レモン汁・砂糖を合わせたマリネ液に付ける。









CIMG8288.jpg

受け皿にヘタも置けるしね♪ベランダ枝豆にも甘栗にもどうぞ。


**Auther:YOME本日より旅行に行っています。
コメントのお返事おそくなってしまいます。ごめんなさい??。
ノンビリした佇まいです。

18cm角ほどの大きさです。底へ向けてぐうっと絞って底は12cm角くらいかな。
二人でつつく煮物や、4人家族の一緒盛り副菜には丁度いい大きさ。きっとドコの家庭でも重宝している大きさだと思います。

このノンビリした形と線を独り占めしたくてこんなメニュウです。

キンキンに冷やして、一人でじっくりどうぞ。
***トマトのお浸し
Recipe


トマト・・・1個
だし汁・・・100cc
醤油・・・・大さじ1/2
みりん・・・小さじ1

トマトは湯剥きする。だし汁と醤油・みりんをあわせて一煮立ちさせ、トマトをいれ、そのまましっかり冷ます。

一晩置いたら、だし汁のほうへもトマトの酸味がでて、トマトは出汁をすって、汁ごとおいしく頂けます♪

一晩ゆっくり待つのがポイント。時間が作るお料理です。こんな優しい器となら、ノンビリ料理に向き合えそう。
すうっと伸びた形・柔らかく包む形。

昨日、大樹さんの器の線は気持ちのいい雨みたい・・・。と書いたけど、今日の器も優しい線です。
すうっと伸びた線。そして優しく包む形。気持ちよい線の上に、音符みたいにお寿司を並べてみました♪

手で包んでいるかのような、器のカーブ。


***手まり寿司 Recipe

寿司飯とかるく丸めて、ワサビを塗り、お刺身をのせて、ラップできゅっと包む。


カーブがなんとも言えず、優しいのです。手で包んでいるみたいでしょ?そして・・・








煮物を横向きに盛るってなんだか新鮮♪
***かぶとエビの薄煮。Recipe
かぶ・・・3個
エビ・・・6尾
玉こんにゃく・・・6個

だし汁・・・200cc
薄口醤油・・大さじ1
みりん・・・大さじ1

かぶとこんにゃくを軽くごま油で炒めたら、だし汁・醤油・みりんを加え、かぶが柔らかくなったら下処理したエビ・かぶの葉を加え一煮立ちさせる。


汁物も受け止めてくれるので
煮物も横向きに格好良く盛れます。働きぶりもばっちりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。