上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また少し間が開いてしまいました・・・。
時間を上手に作り出せないまま試行錯誤しています。

毎日の食卓を助けてくれている光藤さんの器の企画展はどうしても、どうしてもUPしたい!!とまだ長い眠りから目覚めました。

亀更新ですが、思いを綴っていけたらと思います。
スポンサーサイト
こんばんは。
夜中の3時過ぎです。
素敵な山口利枝さんの作品を紹介しようと
火曜日に、娘のお昼寝時間に
思い切り張り切って撮った画像を消してしまいました・・・。

泣いても画像は戻ってこないし・・・。
器は一度、銀花さんへ持っていってしまったので
すぐにUP出来ません・・・。

器の為にお刺身も買ったし、黒豆まで炊いたのに(せめて書きたい・・・)

本当にごめんなさい。

連休は東京から出てしまう為
帰ってきてからのUPになります。

今はショックでショックで・・・。

甘庵さん、山口さん、本当にごめんなさい・・・・。
***ちょっと間があいてしまいゴメンナサイ・・・。
週末実家へ帰って、写真をおいてきてしまい、UPがなかなか出来ませんでした・・・。
まとめて3日分UPしちゃってます。22日の記事には藤田さんの人柄にも迫っています♪

良かったらお付き合いください。

華も愛嬌も自信あり☆

直径20センチほどの8角形のお皿です。

ちょっと話がそれますが、YOMEの旦那さんは金沢の出身で、九谷焼が有名です。行く度に華やかな器に見とれるのですが、使いこなす自身が無くてお嫁にはもらわず、眺めて楽しんできます。

藤田さんの赤絵は、華やかなのだけど、お茶目な愛嬌もあって、恥ずかしくなく使えるなあと思います。

平和な顔♪

格好良く、八寸でお客様をおもてなししても、互いに気を使いすぎることなく、器の顔に和めそうです。

そしてその逆に・・・こんなお料理でも、華やかに余所行きに見せてくれる藤田さんの赤絵。
御節の合間に出しても喜ばれそうです。器がしっかり場を盛り上げてくれます。


食材は少しお正月を意識してマス☆

***からすみ と 青ねぎの焼き蕎麦
***recipe(少なめ二人分)


茹で中華麺・・・1玉
鶏がらスープの素・・・小さじ1/2
湯・・・50cc

からすみ・・・10g
青ねぎ・・・2,3本

中華なべにごま油大匙1を熱し、中華麺を炒める。ガラスープの素と湯をあわせて、加え、麺をほぐして水分を飛ばす。
麺がつややかになったら、5ミリ厚さに切ったからすみとざく切りにしたねぎ、白ゴマを散らす。

焼き蕎麦なんてお正月にダメ???
でも麺類がふと欲しくなったりします。ちょっとカラスミで豪華に。あとは器が十分盛り上げてくれます。
待ってました?☆

こんなに、嬉しい13日の金曜日って今まであったかな?
本日より”藤田佳三 華のある普段器 展”(10/13?10/24)が始まりました。
企画展の前から、何度も紹介させて頂いている、藤田さんの器。優しい華はいつも、私の食卓を潤してくれています。
”ヨダレもの”で甘庵さんが飾りつけたという企画展の盛り上がりを、ここでもお伝えしていたらと思っています。

決してさめないヒトメボレ☆

甘庵さんの”ヨダレ”伝わるかな???
藤田さんの器は、決してさめないヒトメボレなのです。YOMEのドキドキも止まりません!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。